電気を使用せず、菌やウイルスを不活性化するフィルター①

タイの水道水―家庭用フィルターのメリット・デメリット

で述べたようにフィルターで菌やウイルスの流入を止める事が出来るものの、菌やウイルスを不活性化することは出来ない

菌やウイルスを不活性化あるいは完全に排除する為には、UVあるいはRO処理を含むフィルターセットを使用する。しかしそれには電気の使用やその他デメリットが必須である。

 

Cilia® MZ Technologyはどうか

Cilia® MZ Technology菌やウイルスを効果的に不活性化する新しいろ過システムであり、流量が確保できる場所であればどこにでも設置安全な水を使用する事が出来る。

 

では、下記3つの検査結果内容からCilia® MZ Technologyフィルターセットを検証する。

  1. 日本で規定されている飲料水に関する項目検査結果

  2. タイで規定されている飲料水に関する項目検査結果

  3. タイ、メーサリアンでの簡易検査(一般細菌・大腸菌)

 

1. 日本で規定されている飲料水に関する項目検査結果

日本において側溝に流れている水をCilia® MZ Technologyフィルターセットでろ過し、日本で規定されている飲料水に関する項目検査を実施した結果、水質基準クリア

 

検査項目 側溝(原水) 側溝(処理水) 水質基準
一般細菌 2000 2 100以下
大腸菌 検出 不検出 検出されないこと

 

原水の検査結果(日本)

原水の検査結果(日本)

処理水の検査結果(日本)

処理水の検査結果(日本)

 

2. タイで規定されている飲料水に関する項目検査結果

タイのバンコクにおいて一般家庭で使用されている水道水をCilia® MZ Technologyフィルターセットでろ過し、タイで規定されている飲料水に関する検査項目を実施した結果、pH値の安定・軟水への変化など良い結果を獲得

 

検査項目 水道水(原水) 水道水(処理水) 水質基準
pH 7.4 8.3 6.5~8.5
硬度 110 13 ≤100

 

原水・処理水の検査結果(タイ)

原水・処理水の検査結果(タイ)

 

3. タイ、メーサリアンでの簡易検査(一般細菌・大腸菌)

タイ農村部メーサリアンにおいて一般家庭で使用されている水道水をCilia® MZ Technologyフィルターセットと他社4段構成フィルターセットでろ過し3ヵ月使用後、簡易検査(一般細菌・大腸菌)を実施し結果を比較、Cilia® MZ Technologyフィルターセットで菌やウイルスは不検出

 

検査項目 他社4段構成

フィルターセット

Cilia® MZ Technology

フィルターセット

水質基準
一般細菌 290以上 1 100以下
大腸菌 検出 未検出 検出されないこと

 

一般細菌(他社フィルターセット)

一般細菌(他社フィルターセット)

一般細菌(Cilia® MZ Technologyフィルターセット)

一般細菌(Cilia® MZ Technologyフィルターセット)

大腸菌(他社フィルターセット)

大腸菌(他社フィルターセット)

大腸菌(Cilia® MZ Technologyフィルターセット)

大腸菌(Cilia® MZ Technologyフィルターセット)

 

電気を使用せず、菌やウイルスを不活性化するフィルター② に続く。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です