タイの水道水-家庭用フィルターのメリット・デメリット

タイの水道水―飲める?飲めない?

で述べたように、タイの水道水は飲まない方が良い。

水質を改善する為、LAZADAでもたくさんの種類の家庭用水道水フィルターが売られている。

4段構成~、1,500バーツ~が一般的。

 

基本的な構成に使用されるフィルター

  • PPフィルター     :前段での微粒子除去
  • RESINフィルター  : イオン交換、余分なカルシウムを除去し硬度を下げる
  • CARBONフィルター:塩素・臭い除去、種類は様々

CTO                     塩素除去を行い味と臭いを改善

GAC                     粒状カーボン CTOより性能が劣る

POST                   最終段臭い除去、純水に適度なミネラル分を添加

  • HFMフィルター  :中空糸膜(UF)での不純物除去

 

値段に応じて追加される機能

  • RO処理      :逆浸透膜を使用した不純物除去
  • UV処理      :紫外線による殺菌

 

これからフィルター構成を下記3種類に分け、メリットデメリットを考える

  1. 基本構成

  2. 基本構成+逆浸透膜(RO)

  3. 基本構成+UV

 

1. 基本構成

メリット

安価電源が必要ない、水圧が確保できるところであればどこでも設置可能、フィルター交換が容易

デメリット

フィルターで菌を不活性化する事は基本的に不可能であるため、フィルター内で菌が増殖する

【検証】

検査地                  :タイ農村部(メーホンソン県、メーサリアン市)の一般住宅水道水。

水道水                  :水源は河川。自治体が管理している浄水施設から配水された水道水。

水質                      :大腸菌、一般細菌含む。雨季には濁りが発生する。

検査対象               :5段構成(PP+CTO+RESIN+HFM+POST)のフィルターセット

                               PP(推奨交換3-6ヵ月)、CTO(推奨交換7-8カ月)、

         RESIN(推奨交換7-8カ月)、HFM(推奨交換12ヵ月)、

         POST(推奨交換12ヵ月)

検査方法               :検査対象フィルターセットを3ヵ月使用後、透過水を簡易検査。

判断基準               :一般細菌(TC) 100 以下              / 大腸菌(EC) 検出されない事

検査結果               :一般細菌(TC) 290 以上検出       / 大腸菌(EC) 1 検出

                              飲料用としては適さない

一般細菌

一般細菌@メーサリアン、タイ

大腸菌

大腸菌@メーサリアン、タイ

 

2. 基本構成+逆浸透膜(RO)

メリット

圧力を掛け水分子しか通さない膜に水を通し不純物を取り除く為、不純物・菌・ウイルス除去に効果的

デメリット

70%ほどの捨て水が発生。ミネラルなどの体に必要な物質も全て捨て水と共に失う

飲料用として使用する場合は最終段でミネラル分の添加が必要。本体が大きい。電気が必要

3. 基本構成+UV

メリット

大腸菌、黄色ブドウ球菌などの殺菌、さらに強い塩素耐性を持つクリプトスポリジウム(大きさ5μm程)の不活性化が可能。最も殺菌効果があるのはUV-C(波長100~280nm)のうち253.7nm波長。

デメリット

UV殺菌灯をガラス管に挿入し使用するが、次第にガラス管に汚れが付着し殺菌性能が低下する。どの種類のUV殺菌灯を使用しているか明記しているものが少ない。本体が大きい。電気が必要

 

電気を使用せず、菌やウイルスを不活性化するフィルター① に続く。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です